2013年06月27日

略歴

幼少期より選択性緘黙症の症状を持つ

症状を抱えながら学生時代をぼっちでやり過ごす

高校生時代 通学時にパニックアタックを繰り返す

2001年 卒業と同時になんとか就職

2003年 2年で退職(過労)
そのままニート兼引きこもりになる(約5年間)
この間、パニック症状や緘黙は緩和せず、病院に行くこともできなかった

5年間の暗黒時代 症状の克服を目指してねとらじをしてみたり、夜の散歩をしてみたり、ぼっち抜け出そうと友人を求めたり、もがいていた時期。

2008年 いろいろなきっかけがあり一念発起、支援施設の利用や、初めての心療内科を受診する
診断名は社会不安障害(通称SAD) 薬物治療を始める

同2008年 社会復帰
薬と付き合いながら仕事を続ける

近況 辛い時は喋ることができなくなるが、それはうつ的なもので、
緘黙的な症状はほぼ解消したと思われる
パニックアタックは過剰なストレスに晒されたときにのみ起こる程度になった
SADとはにらめっこ中

※目標
薬を頼らずに誰とでも会えるようになること
行きたいところにどこにでも行けるようになること
人との関わり方を学び、自分から自己開示すること
嫌われることにおびえるのではなく、
まずは自分から他人を好きになること
失敗や恥をかくことを過剰におそれず、
不安という自然な働きを自分のものにすること
与えられた時間を、できるだけ笑顔で過ごすこと
どんなことがあっても、がんばって生きてゆくこと

ランキング参加中。気に入ったらクリックお願いします。

FC2ブログランキング  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ 人気blogランキング

posted by ぴろくん at 01:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 略歴 | edit
この記事へのコメント
運不運も、上手くいかないことも多々あって、幾度と無く心が折られてしまうけど。
いつ死んでも楽しかったって笑顔で言える人生でありたいですね。

更新、まったり待ってます。ご武運を。
Posted by 客 at 2013年07月05日 00:58
>お客様
ほんとにほんとに。
生まれてこれて、生きられて良かったと心から思いたい。
お客様も幸運を。
Posted by ぴろくん at 2013年07月07日 11:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
ローマ字でスパム対策と入力してください


※画像の中の文字を半角で入力してください。
http://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/cms/template/content/regist/index
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367613920
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。